信仰別・ご利益別 神社ガイド

湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)

信仰別・ご利益別 神社ガイド > 信仰別有名神社 > 天神信仰 > 湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)

湯島天満宮

徳川家の天神信仰の湯島天満宮

東京都文京区にある湯島天満宮は、湯島天神の名で広く知られています。

 

天之手力雄命と菅原道真が祭神である事からも、天神信仰が行われている事がわかるでしょう。

 

458年に天之手力雄命を祀った事が、湯島天満宮の始まりであり、1355年に菅原道真を文道の大祖として共に祀る事となり、天神信仰が行われるようになりました。

 

そして1590年には江戸城に入る徳川家康が、泰平の世が長く続き、文教が賑わうよう、菅原道真を仰いだとされる、大変歴史ある神社です。

 

1703年には火災で全焼してしまいましたが、翌年に将軍徳川綱吉が金500両を寄進しており、徳川家が厚く天神信仰を行っていた事がうかがい知れます。

 

 

1995年に新たに造営された湯島天満宮の新社殿は、本殿と参拝を行う為の拝殿を幣殿で結んだ、権現造によって造られています。

 

また、日本の伝統である木の文化を象徴するように、全てが木造である事が新社殿の特徴です。
新社殿には、樹齢250年と言われるような木曽檜が使用されています。

 

湯島天満宮は、東京都文京区にある神社で、
徳川家康が[泰平永き世が続き文教大いに賑わうように]と篤く信仰した神社です。

 

湯島天満宮は、通称湯島天神と呼ばれ旧称湯島神社です。

 

旧社格は府社で、現在は神社本庁の別表神社となっています。

 

古来より江戸・東京における代表的な天満宮であり、学問の神様として知られる菅原道真公を祀っているため受験シーズンには多数の受験生が合格祈願に訪れますが、普段からも学問成就や
修学旅行の学生らで非常な賑わいを見せています。

また、境内の梅の花も有名で、
この地の梅を歌った「湯島の白梅」(1942年)は戦中時の歌として大ヒットしました。

長野県長野市に湯島天満宮の分社があります。

「伊勢神宮」「賀茂神社」奉納品

[伊勢せきや]参宮あわび姿脹煮(2個) 京都賀茂神社献上梅園「紀州薬師梅」賀茂乃御福

伊勢神宮のお膝元の銘品。伊勢神宮のご鎮座後、約2000年にわたりお備えされているあわび。その滋味豊かな旨みを、〈伊勢せきや〉が一子相伝のタレで丸ごとふっくらと炊きあげました。スライスしてそのまま、酒肴にも。

献上梅園で収穫した3L以上の大玉梅干。京都最古の神社「賀茂神社」に献上するためにつくられた「献上・京都賀茂神社梅園」。世界農業遺産の郷、和歌山県・みなべ町にあるこの梅園で収穫された、紀州産南高梅を厳選。江戸時代後期より伝承された製法で草根木皮12種類を煮出し、蜂蜜を加えてじっくり漬け込みました。化学調味料や合成保存料不使用で塩分も約8%に抑えた、深みのあるまろやかな味わいです。壷入りの梅干を木箱に納めお届けしますので、贈答にもお勧めです。


深大寺そば(6人前)

「献上そば」として江戸時代から愛され続けてきた深大寺発祥の名物そば。東京では浅草寺に次ぐ古い歴史を持ち、厄除元三大師として有名な深大寺。その長い歴史とともに有名なのが、あの三代将軍徳川家光公への献上品にもなった「献上そば」とも呼ばれる「深大寺そば」。深大寺そば粉の登録商標を持ち深大寺の名代そば店などにそば粉を卸す島田製粉は、昔ながらの伝統的な石臼挽き製法を今日まで守り続けています。創業以来70年にわたり、深大寺伝統の一尺(約30cm)の長さを再現し「麺匠の味」を継承。「幸せを運ぶそば」「縁結びそば」ともいわれる、本物の江戸前のそばをぜひお楽しみください。





運気が上がる商品

開運【護符】

【仏像】

仏像専門店の≪仏像ワールド≫
仏像フィギュアの【イSム(いすむ)】

【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】

Pocket