信仰別・ご利益別 神社ガイド

不動明王

戦国武将に人気のあった不動明王

不動明王と聞けば、非常に恐い表情をした
像を思い浮かべる方も多いかと思います。

 

激しく燃え盛る炎を背に、右手には宝剣を握り締め
、岩の上に立っている…それこそが不動明王です。

 

一般的に地獄から天界までには
6つの段階があるとされています。

 

地獄から始まり、
餓鬼、畜生、修羅、人間、そして天界の6段階です。

 

人は死ぬことで、この6つの段階を順繰りに輪廻していくと
考えているのですが、その中で悩みや執着に捕われる
場合も当然のようにあるのです。

 

そんなとき不動明王は、その迷いや悩み、欲望などを
断ち切り、自分たちに進むべき道を示してくれるのです。

 

つまり、衆生に対して救済してくれる存在であり、
戦国武将にも人気があったのが不動明王と言えるでしょう。

 

現在でも多くの寺院で不動明王が祭られています。

 

有名なものを挙げるとすれば、千葉県成田市の成田山新勝寺、東京都の高幡不動や目黒不動、
滋賀県の延暦寺、京都の東寺や金閣寺、奈良県の唐招提寺や長谷寺
和歌山県の金剛峯寺などがあります。

 

 

戦国武将に人気の代表的軍神

戦国武将に人気の代表的軍神
9万8000いるとされていた軍神だが、
特に多くの武将に信仰された軍神について取り上げてみよう。
摩利支天 説明 八幡大菩薩 説明
もともとはインドの神クベーラ
とされ、多聞天とも呼ばれる。帝釈天に仕える四天王の一尊として、守護神、武神とされている。日本以外のアジアの広い範囲で信仰されている。

毘沙門天⇒ 詳細ページ

もともとはインドの神マリシ。
陽炎を神格化したものとされ、実体がないので傷つくこともなければ、逮らえられることもないとされ、その特性から軍神として信仰を集めた

摩利支天 ⇒ 詳細ページ

日本独自の軍神。
ハ幡神を祀る社は日本一の数ともいわれる。神仏習合により仏教と融合
し、ハ幡大菩薩と呼ばれるように。源氏の氏
神でもあり、多くの武将に崇敬されてきた。

八幡大菩薩 ⇒ 詳細ページ

勝軍地蔵 説明 妙見菩薩 説明 不動明王 説明
鎌倉時代以降、武土たちが信仰した軍馬にま
たがった地蔵菩薩。戦が困難に陥ったときに
地蔵に祈ったところ勝利に導いてくれ、身代
わりに矢をうけてくれたというエピソードも。

勝軍地蔵 ⇒ 詳細ページ

北極星、北斗七星を神格化して生まれたもの。妙見とは優れた視力、という意味。北斗七星のうちのひとつの星、破軍星は戦の行方を決めるものとして、武士の信仰を集めた。

妙見菩薩 ⇒ 詳細ページ

大日如来の化身とされ、煩悩を抱えるすべての人を紋うため、その覚悟から憤怒の姿をしている。お不動さんの名で親しまれ、特に日本での根強い信仰がある。

不動明王 ⇒ 詳細ページ



【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】



運気が上がる商品

金運を上げる開運お守り【金運護符】

一般社団法人 国際.風水協会の認定ストア

開運護符「神符堂」

瞑想体験~お試し視聴はコチラから

「肌断食」専用のマスク

Pocket

広告