信仰別・ご利益別 神社ガイド

戦国武将が行った神頼み(その1)

信仰別・ご利益別 神社ガイド > 神仏頼みは戦国武将の常識! > 戦国武将が行った神頼み(その1)

戦国武将が行った神頼みの説明何者も恐れないような強さを持っているという
イメージが強い戦国武将ですが、様々な局面で
神様の力を仰いでいたとされています。

 

「最後は神頼み」ではありませんが、
いくら力のある戦国武将であっても、神様に委ねる
気持ち、神道の信仰は人一倍強かったといっても
過言ではありません。

 

例えば、戦国武将は戦いを前にして、家臣の意見を
まとめたり、取捨選択する際にはおみくじを
利用することがあったとされています。

 

明智光秀は織田信長を討ち入りする際に、事前に
おみくじを引いた上で戦い方を決めたともいわれています。

 

また、戦の前には家臣たちの一致団結が必要であることから、
皆がコミュニケーションをとり、意志疎通を図るために連歌を行ったともされています。

 

先ほど取り上げた明智光秀は本能寺で織田信長を討つ前に連歌会を開きました。

 

このときに読み上げた連歌は神社に奉納し、家臣たちの連帯感を強めました。

 

また、連歌には呪力を持っているとされていたために、
神社に奉納することで戦勝祈願につながるとされていたのです。

 

多くの戦国武将に信仰された軍神

毘沙門天 説明 摩利支天 説明 八幡大菩薩 説明
もともとはインドの神クベーラ
とされ、多聞天とも呼ばれる。帝釈天に仕える四天王の一尊として、守護神、武神とされている。日本以外のアジアの広い範囲で信仰されている。

毘沙門天⇒ 詳細ページ

もともとはインドの神マリシ。
陽炎を神格化したものとされ、実体がないので傷つくこともなければ、逮らえられることもないとされ、その特性から軍神として信仰を集めた

摩利支天 ⇒ 詳細ページ

日本独自の軍神。
ハ幡神を祀る社は日本一の数ともいわれる。神仏習合により仏教と融合
し、ハ幡大菩薩と呼ばれるように。源氏の氏
神でもあり、多くの武将に崇敬されてきた。

八幡大菩薩 ⇒ 詳細ページ

勝軍地蔵 説明 妙見菩薩 説明 不動明王 説明
鎌倉時代以降、武土たちが信仰した軍馬にま
たがった地蔵菩薩。戦が困難に陥ったときに
地蔵に祈ったところ勝利に導いてくれ、身代
わりに矢をうけてくれたというエピソードも。

勝軍地蔵 ⇒ 詳細ページ

北極星、北斗七星を神格化して生まれたもの。妙見とは優れた視力、という意味。北斗七星のうちのひとつの星、破軍星は戦の行方を決めるものとして、武士の信仰を集めた。

妙見菩薩 ⇒ 詳細ページ

大日如来の化身とされ、煩悩を抱えるすべての人を紋うため、その覚悟から憤怒の姿をしている。お不動さんの名で親しまれ、特に日本での根強い信仰がある。

不動明王 ⇒ 詳細ページ

「伊勢神宮」「賀茂神社」奉納品

[伊勢せきや]参宮あわび姿脹煮(2個) 京都賀茂神社献上梅園「紀州薬師梅」賀茂乃御福

伊勢神宮のお膝元の銘品。伊勢神宮のご鎮座後、約2000年にわたりお備えされているあわび。その滋味豊かな旨みを、〈伊勢せきや〉が一子相伝のタレで丸ごとふっくらと炊きあげました。スライスしてそのまま、酒肴にも。

献上梅園で収穫した3L以上の大玉梅干。京都最古の神社「賀茂神社」に献上するためにつくられた「献上・京都賀茂神社梅園」。世界農業遺産の郷、和歌山県・みなべ町にあるこの梅園で収穫された、紀州産南高梅を厳選。江戸時代後期より伝承された製法で草根木皮12種類を煮出し、蜂蜜を加えてじっくり漬け込みました。化学調味料や合成保存料不使用で塩分も約8%に抑えた、深みのあるまろやかな味わいです。壷入りの梅干を木箱に納めお届けしますので、贈答にもお勧めです。


深大寺そば(6人前)

「献上そば」として江戸時代から愛され続けてきた深大寺発祥の名物そば。東京では浅草寺に次ぐ古い歴史を持ち、厄除元三大師として有名な深大寺。その長い歴史とともに有名なのが、あの三代将軍徳川家光公への献上品にもなった「献上そば」とも呼ばれる「深大寺そば」。深大寺そば粉の登録商標を持ち深大寺の名代そば店などにそば粉を卸す島田製粉は、昔ながらの伝統的な石臼挽き製法を今日まで守り続けています。創業以来70年にわたり、深大寺伝統の一尺(約30cm)の長さを再現し「麺匠の味」を継承。「幸せを運ぶそば」「縁結びそば」ともいわれる、本物の江戸前のそばをぜひお楽しみください。





運気が上がる商品

開運【護符】

【仏像】

仏像専門店の≪仏像ワールド≫
仏像フィギュアの【イSム(いすむ)】

【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】

Pocket