信仰別・ご利益別 神社ガイド

天神信仰(てんじんしんこう)とは

信仰別・ご利益別 神社ガイド > 信仰別有名神社 > 天神信仰 > 天神信仰(てんじんしんこう)とは

天神信仰

画像引用;ウィキペディアより

天神信仰と菅原道真

天神信仰の説明 天神信仰における祭神は、菅原道真です。

 

元々、天神とは特定の神様を表す言葉ではありませんでした。

 

しかし、菅原道真が火雷天神と呼ばれるようになった事が、雷神信仰に結びつき、天馬大自在天神という神様の称号を得た事によって、菅原道真の神霊に対する信仰を天神信仰と呼ぶようになったとされています。

 

菅原道真が、藤原時平によって左遷された大宰府の地で亡くなった後、京の都では様々な災害が起こり、疫病が流行りました。

 

また、左遷に関わった藤原氏の人々が負傷したり死去したりした事も重なって、これらは全て菅原道真の怨霊の仕業であるという噂が流れたのです。

 

この噂は、京の都の貴族達には恐怖を与えましたが、農民達にとってこの噂は恐怖ではなく、水田に必要な雨を授けてくれる雷神と受け止められ、稲の実りの神様、恵みの神様として広く信仰されるようになりました。

 

こうした雷神への信仰こそが、天神信仰の始まりと言えるでしょう。

 

さらに、天神信仰は文学、書道、詩歌、芸能の神様としても全国に広がっていきました。

 

そして、全国様々な場所に天満宮が建立されるようになったのです。

 

天神信仰(てんじんしんこう)は、平安時代に活躍した学者・政治家の
菅原道真(すがわら の みちざね)を「天神様」として畏怖・祈願の対象とする神道の信仰のことです。

 

本来、天神とは国津神に対する天津神のことであり特定の神の名ではなかったのですが、
陰謀により大宰府に左遷されて死去した後、都では不慮の事件が多発しました。

 

そのため人々は、
道真公は神だったと見るようになり、その怨霊を鎮めるため、大宰府と京都に天満宮を創建。

 

無実の罪に泣く人を助ける神へと発展し、学問の神として崇敬を集めているます。

 

神名:菅原道真公

 

 

「伊勢神宮」「賀茂神社」奉納品

[伊勢せきや]参宮あわび姿脹煮(2個) 京都賀茂神社献上梅園「紀州薬師梅」賀茂乃御福

伊勢神宮のお膝元の銘品。伊勢神宮のご鎮座後、約2000年にわたりお備えされているあわび。その滋味豊かな旨みを、〈伊勢せきや〉が一子相伝のタレで丸ごとふっくらと炊きあげました。スライスしてそのまま、酒肴にも。

献上梅園で収穫した3L以上の大玉梅干。京都最古の神社「賀茂神社」に献上するためにつくられた「献上・京都賀茂神社梅園」。世界農業遺産の郷、和歌山県・みなべ町にあるこの梅園で収穫された、紀州産南高梅を厳選。江戸時代後期より伝承された製法で草根木皮12種類を煮出し、蜂蜜を加えてじっくり漬け込みました。化学調味料や合成保存料不使用で塩分も約8%に抑えた、深みのあるまろやかな味わいです。壷入りの梅干を木箱に納めお届けしますので、贈答にもお勧めです。


深大寺そば(6人前)

「献上そば」として江戸時代から愛され続けてきた深大寺発祥の名物そば。東京では浅草寺に次ぐ古い歴史を持ち、厄除元三大師として有名な深大寺。その長い歴史とともに有名なのが、あの三代将軍徳川家光公への献上品にもなった「献上そば」とも呼ばれる「深大寺そば」。深大寺そば粉の登録商標を持ち深大寺の名代そば店などにそば粉を卸す島田製粉は、昔ながらの伝統的な石臼挽き製法を今日まで守り続けています。創業以来70年にわたり、深大寺伝統の一尺(約30cm)の長さを再現し「麺匠の味」を継承。「幸せを運ぶそば」「縁結びそば」ともいわれる、本物の江戸前のそばをぜひお楽しみください。





運気が上がる商品

開運【護符】

【仏像】

仏像専門店の≪仏像ワールド≫
仏像フィギュアの【イSム(いすむ)】

【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】

Pocket