信仰別・ご利益別 神社ガイド

宇佐神宮(うさじんぐう)

宇佐神宮
八幡信仰の大元である宇佐神宮

宇佐神宮八幡様として古くから親しまれている
神社は、全国各地におよそ4万以上と言われています。

 

全国各地にはおよそ11万の神社があると言われているので、
その数は圧倒的と言えるでしょう。

 

八幡様の多さは、それだけ
多くの方が八幡信仰を行っていた事に繋がります。

 

そして、八幡信仰の大元となるのが、宇佐神宮です。

 

全国各地に広がっている八幡信仰は、
大分県宇佐市にある宇佐神宮から始まったとされています。

 

そんな八幡信仰のきっかけとも言える
宇佐神宮は、八幡総本宮とも呼ばれています。

 

宇佐神宮の祭神は、八幡大神です。

八幡大神は応神天皇の神霊であり、571年に宇佐の地に現れ、大陸の産業や文化を取り入れた国作りを行ったとされています。

 

宇佐神宮の本殿には
3つの御殿があり、八幡大神は一之御殿に祀られています。

 

そして二之御殿には比売大神が、三之御殿には神巧皇后が祀られています。

 

なお、この本殿は国宝にも指定されており、
伝統的な八幡造によって建てられた由緒ある建物です。

 

宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社です。

 

全国に4万社以上あるハ幡様の総本宮です。

 

正式名は宇佐神宮ですが、宇佐八幡あるいは宇佐八幡宮とも通称されます。

 

725年に創建されました。

 

ハ幡大神(応神天皇)・比売大神・神功皇后を祀っています。

 

皇室からも第二の宗廟(そうびょう)として崇敬されています。

 

 



【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】



運気が上がる商品

金運を上げる開運お守り【金運護符】

一般社団法人 国際.風水協会の認定ストア

開運護符「神符堂」

瞑想体験~お試し視聴はコチラから

「肌断食」専用のマスク

Pocket