信仰別・ご利益別 神社ガイド

神様は仏様だった平安時代

広告

平安時代には神様は仏様だった

そもそも日本の歴史の中で
最初に広まった宗教は神道でした。

 

森羅万象、あらゆるものに神が宿るという思想が
根付いていたのですが、6世紀の中頃に仏教が
伝来したことで、その思想は急展開を
見せることになります。

 

奈良時代に神道と仏教を融合しようという、
いわゆる神仏習合という動きがありました。
この信仰をより理論的に整合性を持たせたもの…
それを本地垂迹説といいます。

 

本地垂迹説とは神道と仏教を理論的に矛盾なく融合させた思想で、仏様や菩薩は人々を救うために、
その都度、神の姿をして現れるという教えを説いたのです。

 

そもそも、本地垂迹説は聖武天皇の時代に始まったとされています。

 

朝廷側は仏教を重んじましたが、
一般的には神道が広まっていたため、神道と仏教を融合しようとしたのです。

 

実際に本地垂亦説が定着したのは
平安時代とされており、徐々に一般に広まってきたのですが、
室町時代に入ると神の存在が見直され、本地垂迹説は衰退していったとされています。

 

 



【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】



運気が上がる商品

金運を上げる開運お守り【金運護符】

一般社団法人 国際.風水協会の認定ストア

開運護符「神符堂」

瞑想体験~お試し視聴はコチラから

「肌断食」専用のマスク

Pocket

広告