信仰別・ご利益別 神社ガイド

一般庶民に神様が広がる鎌倉時代

鎌倉時代に一般庶民に神様が広がる

日本の歴史の中で
最初に一般化したのは神道でした。

 

その後、6世紀の中頃にインドから中国、朝鮮を
経て仏教が日本に伝来することで、仏教と神道との
融合が行われるようになったのです。

 

しかし、奈良時代に伝来した仏教が本格的に広まったのは平安時代のことでした。
当時のいわゆる
平安仏教は貴族が中心の貴族仏教でもありました。

 

そのため、仏教が一般庶民にも広まったのは、
鎌倉時代に入ってからとされています。

 

これは鎌倉仏教と呼ばれ、平安仏教とは一線を画したもので、浄土思想が根付くとともに、
禅宗が伝わることで仏教改革が起こったためなのです。

 

鎌倉仏教は武士階級と一般庶民とで広まった宗派が異なっていました。

 

武士階級では臨済宗や曹洞宗が中心となる一方で、
一般庶民には浄土真宗や浄土宗が中心となりました。

 

例えば浄土宗は法然がその開祖とされています。

 

阿弥陀如来を御本尊とし、阿弥陀仏に帰依するという意味合いの教えで、
念仏を一般庶民に広めていきました。

 

「伊勢神宮」「賀茂神社」奉納品

[伊勢せきや]参宮あわび姿脹煮(2個) 京都賀茂神社献上梅園「紀州薬師梅」賀茂乃御福

伊勢神宮のお膝元の銘品。伊勢神宮のご鎮座後、約2000年にわたりお備えされているあわび。その滋味豊かな旨みを、〈伊勢せきや〉が一子相伝のタレで丸ごとふっくらと炊きあげました。スライスしてそのまま、酒肴にも。

献上梅園で収穫した3L以上の大玉梅干。京都最古の神社「賀茂神社」に献上するためにつくられた「献上・京都賀茂神社梅園」。世界農業遺産の郷、和歌山県・みなべ町にあるこの梅園で収穫された、紀州産南高梅を厳選。江戸時代後期より伝承された製法で草根木皮12種類を煮出し、蜂蜜を加えてじっくり漬け込みました。化学調味料や合成保存料不使用で塩分も約8%に抑えた、深みのあるまろやかな味わいです。壷入りの梅干を木箱に納めお届けしますので、贈答にもお勧めです。


深大寺そば(6人前)

「献上そば」として江戸時代から愛され続けてきた深大寺発祥の名物そば。東京では浅草寺に次ぐ古い歴史を持ち、厄除元三大師として有名な深大寺。その長い歴史とともに有名なのが、あの三代将軍徳川家光公への献上品にもなった「献上そば」とも呼ばれる「深大寺そば」。深大寺そば粉の登録商標を持ち深大寺の名代そば店などにそば粉を卸す島田製粉は、昔ながらの伝統的な石臼挽き製法を今日まで守り続けています。創業以来70年にわたり、深大寺伝統の一尺(約30cm)の長さを再現し「麺匠の味」を継承。「幸せを運ぶそば」「縁結びそば」ともいわれる、本物の江戸前のそばをぜひお楽しみください。





運気が上がる商品

開運【護符】

【仏像】

仏像専門店の≪仏像ワールド≫
仏像フィギュアの【イSム(いすむ)】

【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】

Pocket