信仰別・ご利益別 神社ガイド

金華山黄金山神社

広告

金華山黄金山神社

石巻市の金運の神社、金華山黄金山神社

金華山黄金山神社の説明
宮城県石巻市の牡鹿半島、東南端の沖合いにある金華山黄金山神社
(きんかさんこがねやまじんじゃ)は、
金運の神社として知られています。

 

太平洋の沖合1kmにある孤島、金華山は、周囲26km、頂上が
海抜445mで、金華山黄金山神社は、鉱山の神の金山毘古神、
金山毘売神、天地の八百万神をご祭神とする金運の神社です。

 

言い伝えによれば、奈良時代、大仏建立の際に金の調達に苦慮していた時、日本初めの金産出の知らせが、現在の金華山から届き、
産金を司る神を祀る神社を創建することになったとされます。

 

金華山の地名は、大伴家持が日本初の
金産出を祝って詠んだ短歌に因んでいるとのことです。

 

島全体が金華山黄金山神社の神域として信仰の島となっており、
青森の恐山、山形の出羽三山と共に奥州三霊場の一つとされます。

 

近代以前は弁財天を祀る真言宗寺院でもあり、金華山黄金山神社は
広島の厳島神社等と同様、日本の五弁天の一つに数えられています。

 

金運の神社らしく、
社務所でおみくじを引いて、中に弁財天が入っていれば福銭がもらえます。

 

 



【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】



運気が上がる商品

金運を上げる開運お守り【金運護符】

一般社団法人 国際.風水協会の認定ストア

開運護符「神符堂」

瞑想体験~お試し視聴はコチラから

「肌断食」専用のマスク

Pocket

広告