信仰別・ご利益別 神社ガイド

戦国武将が心のよりどころにしていた軍神

信仰別・ご利益別 神社ガイド > 神仏頼みは戦国武将の常識! > 戦国武将が心のよりどころにしていた軍神

軍神の説明日本の歴史の中では、
数多くの戦国武将が登場します。

 

代表的なものを挙げるとすれば、
豊臣秀吉、織田信長、徳川家康、毛利元就、
伊達政宗…などが思い浮かびます。

 

一見、非常に強く、何者も恐れない精神力の
持ち主と思われがちですが、大事な戦を
前にすると、軍神となる神仏を崇めて、
勝利を祈願したと言われています。

 

神道の中の神には、軍神といい戦いに勝利をもたら
してくれるとされているものも多く、
特に戦によって領地を拡大していった
戦国武将にとっては心のよりどころとなっていたのです。

 

例えば、織田信長の場合、岐阜県各務原市にある手力雄神社を深く信仰していました。

 

1567年の稲葉山城を攻める際の戦いでは、戦勝祈願を行い、見事に勝利を収めた結果、
広大な社領を手力雄神社に寄進したとされています。

 

また、武田信玄の場合は長野県にある生島足島神社に戦勝祈願をしていたとされています。
とりわけライバルでもあった上杉謙信との戦いを前にして、
戦勝祈願を行い、そのときの願文も残っています。

 

多くの戦国武将に信仰された軍神

毘沙門天 説明 摩利支天 説明 八幡大菩薩 説明
もともとはインドの神クベーラ
とされ、多聞天とも呼ばれる。帝釈天に仕える四天王の一尊として、守護神、武神とされている。日本以外のアジアの広い範囲で信仰されている。

毘沙門天⇒ 詳細ページ

もともとはインドの神マリシ。
陽炎を神格化したものとされ、実体がないので傷つくこともなければ、逮らえられることもないとされ、その特性から軍神として信仰を集めた

摩利支天 ⇒ 詳細ページ

日本独自の軍神。
ハ幡神を祀る社は日本一の数ともいわれる。神仏習合により仏教と融合
し、ハ幡大菩薩と呼ばれるように。源氏の氏
神でもあり、多くの武将に崇敬されてきた。

八幡大菩薩 ⇒ 詳細ページ

勝軍地蔵 説明 妙見菩薩 説明 不動明王 説明
鎌倉時代以降、武土たちが信仰した軍馬にま
たがった地蔵菩薩。戦が困難に陥ったときに
地蔵に祈ったところ勝利に導いてくれ、身代
わりに矢をうけてくれたというエピソードも。

勝軍地蔵 ⇒ 詳細ページ

北極星、北斗七星を神格化して生まれたもの。妙見とは優れた視力、という意味。北斗七星のうちのひとつの星、破軍星は戦の行方を決めるものとして、武士の信仰を集めた。

妙見菩薩 ⇒ 詳細ページ

大日如来の化身とされ、煩悩を抱えるすべての人を紋うため、その覚悟から憤怒の姿をしている。お不動さんの名で親しまれ、特に日本での根強い信仰がある。

不動明王 ⇒ 詳細ページ

 



【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】



運気が上がる商品

金運を上げる開運お守り【金運護符】

一般社団法人 国際.風水協会の認定ストア

開運護符「神符堂」

瞑想体験~お試し視聴はコチラから

「肌断食」専用のマスク

Pocket

広告